お問い合わせ 発達障害改善プログラム始動 ニューロフィードバック
TOP > 発達障害について

発達障害について

発達障害について

クリニック写真
発達障害とは、脳の発達に何らかの障害があり、
社会生活に支障をきたす状態があることを言います。

「自閉症」、「アスペルガー症候群」、「注意欠陥多動性障害(ADHD)」、
「学習障害(LD)」、などが発達障害に含まれます。

ここでは、個別の症状の詳細と、ニューロフィードバックから見た発達障害
について説明します。


こんなことでお困りではありませんか?

視線が合わない。

他の子供とうまく遊べない。

他の子と遊ぶことに関心が乏しい。

言葉の発達に遅れや偏りがある。

話し方が不自然だったり、言外の意味がとれない 繰り返して同じことを話題にする。

多動でじっとしていられない。

注意の集中が悪い。

こだわりが強い。

変わった癖がある。

音に過敏である。

特定の科目や領域が苦手である。(算数が苦手,字を書くのが苦手など)

忘れ物、失くし物が多い。

片付け、整理整頓が苦手である。

手先が不器用である。

計画を立てたり、物事を順序よくやっていくのが苦手である。

チックがある。

診断名としては、自閉症(または、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉傾向)、
注意欠如多動性障害(または、多動性障害、ADHD)、学習障害(またはLD)
などです。
このような障害を総称して発達障害と呼びますので、まずは、お気軽にご相談下さい。


お問い合わせバナー

当クリニックの主な治療方法

 ニューロフィードバック
脳を元気にするトレーニングです。
脳の働きはとても重要で、記憶や計算はもちろん、感情や体調、果ては臓器の働きにまで影響します。
これだけの機能を制御する脳が元気になれば、脳の影響を受けている部分も良くなるのではないか?
というのが、ニューロフィードバックの基本的な考え方です。


ニューロフィードバック
 トマティストレーニング

フランスの耳鼻咽喉科医アルフレッド・トマティス博士(1920-2001年)が1947年から開発、研究を重ね、
完成させた聴覚、心理、発声改善法です。


トマティス